ここから本文です

岡村隆史 空き巣に入られるも「高倉健さん手紙で何も盗らずに帰ったのでは」

11/11(月) 14:40配信

デイリースポーツ

 俳優・堤真一(55)とナインティナイン・岡村隆史(49)のダブル主演映画「決算!忠臣蔵」(22日公開)の公開直前イベントが11日、東京・泉岳寺で行われた。討ち入り衣装に身を包んだ堤と岡村は、中村義洋監督(49)とともに浅野内匠頭の墓前で住職による祈祷を受け、赤穂浪士のお墓参りをして、大ヒットを祈願した。

 忠臣蔵の“聖地”でもある泉岳寺だが、かつてこの付近に住んでいたという岡村は、その当時に自宅に空き巣に入られたエピソードを披露。「でも、何も盗られなかったんです。高倉健さんから頂いたお手紙が置いてあったんですけど、たぶん空き巣の方もその手紙を読んでこれはただごとではないと思って、何も盗らずに帰ったのではないかという、伝説の泉岳寺なのです」。高倉さんは生前に映画「四十七人の刺客」で大石内蔵助を演じており、岡村は「そのパワーでしょう」とうなずいていた。

 今作で大石内蔵助にふんした堤は、討ち入り衣装で墓前に参ったことに、「今までのイメージとはまったく違う大石内蔵助のイメージだったので、お墓の前に立ったとき、心の中でつぶやいたのは『申し訳ありません』という言葉。今、たくさん写真を撮って頂いていますが、何かこの辺に写っていたら教えてください」と、自らの後ろ辺りを指さし、笑いを誘っていた。

最終更新:11/11(月) 14:44
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事