ここから本文です

【次回注目馬】1400メートルは現状では忙しいラキ 「距離は延びた方がいい」とマーフィー

11/11(月) 12:10配信

スポーツ報知

 ◆ラキ(11月9日、京都3R・2歳未勝利、芝1400メートル=8着)

 道中は後方の位置取りで、直線では馬群をさばいて伸びてきたが8着まで。ラキに騎乗したオイシン・マーフィー騎手は「この距離は忙しく、脚をためるところがなかった。距離を延ばした方がいいと思う」と分析。レースでは600メートル通過が34秒4と速い流れになり、追走に手いっぱいで良さを出せずに終わった。

 マイルのデビュー戦(9月22日、中山)では2番手から進めて3着に粘り込んだ。ジャスタウェイの産駒で現状では1600メートル以上あった方が良さそう。次回、距離延長でスムーズに先行すれば巻き返しが期待できそうだ。(内尾 篤嗣)

最終更新:11/11(月) 12:52
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事