ここから本文です

松下奈緒×ディーン・フジオカ「エンジェルサイン」冒頭4分をGYAO!で公開

11/11(月) 21:06配信

映画ナタリー

マンガ家・北条司が総監督を務める「エンジェルサイン」より、冒頭約4分の本編映像がGYAO!で公開された。

【動画】「エンジェルサイン」予告編(メディアギャラリー他13件)

松下奈緒とディーン・フジオカが共演した本作。世界中から寄せられたサイレントマンガオーディションの受賞作をアジア各国の監督が映像化したオムニバスとなっており、6つの物語が映像と音楽のみで展開する。「プロローグ」「エピローグ」で北条がメガホンを取り、松下がアイカ役、フジオカがタカヤ役で参加した。

映像は、コンサート会場でチェロを演奏するアイカと、楽譜を抱えながら走るタカヤの姿からスタート。その後、タカヤが急な心臓発作で階段から転げ落ちる場面や、アイカのチェロの弦が演奏中に切れてしまう様子が切り取られていく。同映像はGYAO!の特集ページで確認できる。

「エンジェルサイン」は11月15日より東京のユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国で順次公開。



(c)「エンジェルサイン」製作委員会

最終更新:11/11(月) 21:06
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事