ここから本文です

「昼飯は何だ?」定年夫との生活は安息の老後とは程遠く〈家庭内別居・1〉

11/11(月) 12:00配信

婦人公論.jp

今さら離婚はできない。かといって四六時中一緒の生活は窮屈すぎる。悪戦苦闘の末、快適な距離を見いだした夫婦の暮らしとは──良子さん(仮名)は夫に不満がたまり…(取材・文=上田恵子)

* * * * * * *

◆朝ご飯を食べたと思ったら「昼飯は何だ?」

定年を迎えた夫と、一日中顔を突き合わせていることでストレスがたまり、あげくの果てに体調まで崩してしまう──。「主人在宅ストレス症候群」などといった病名まで作られるくらい、妻にとって定年後の夫とは厄介な存在のようだ。

本来なら、あくせく働くことや子育てから解放され、人生で一番のんびりできるはずのこの時期。波風を立てず、平和に夫婦生活を続けていく方法はないものだろうか?

「夫が定年退職した直後は、毎日がイライラの連続でした」と言うのは、夫と2人暮らしの良子さん(仮名=以下同、60歳)だ。良子さんの夫は長年バス会社に勤務し、一昨年、無事にその日を迎えた。

「『退職したら日本一周旅行でもするか』とかさんざん言っていたくせに、現実はテレビの前でゴロゴロするばかり。朝ご飯を食べたと思ったら『昼飯は何だ?』。お昼ご飯を食べたと思ったら『晩飯は何だ?』。しかも汚れたお皿を下げることすらせず、目の前にある新聞やリモコンもいちいち私を呼んで取らせる始末。まるで赤ん坊です」

腰痛のため、15年間勤めたパート先を55歳で退職した良子さんにとって、一人娘が結婚した後は、「安息の時間」になるはずだった。

「平穏とはほど遠い生活でしたよ。ダラダラするだけならまだしも、夫は、私が大好きな韓国ドラマを観ていると『どこが面白いんだ。くだらん!』といちいち横槍を入れ、友人と電話をしていると『笑い声がうるさい』と嫌みを言う。私のやることなすことが気になるらしく、何にしても一言言わないと気が済まないみたいです。要するに暇なんでしょうね」

夫の良子さんに対する言いがかりは、日を追うごとにエスカレート。ついには深夜、「お前のいびきがうるさくて眠れない」と起こされるようになった。実際に大いびきをかいているのは夫のほうなのに……。

1/2ページ

最終更新:11/12(火) 12:42
婦人公論.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事