ここから本文です

災害により寸断された「ローカル線」--不通となっている19路線の現状をチェックする【前編】

11/11(月) 6:00配信

GetNavi web

ローカル線の旅〈緊急特集〉 ~~不通区間それぞれの現実【前編】~~

激甚災害に指定された台風19号を含め、今年も複数の自然災害が列島を襲い大きなつめ跡を残した。そして多くの鉄道路線が傷ついた。この夏まで全国の不通区間は合わせて272.9kmだった。ところが、この秋に列島を襲った自然災害による被害は甚大で、不通区間は19路線601.1kmと倍増してしまった(11月8日現在)。

東北・関東の災害により寸断された「ローカル線」を写真で紹介

幹線が、いち早く復旧されたのに対して、残された不通区間は大半がローカル線で、作業にあたる人材確保や復旧費用の捻出に苦悩する鉄道会社も多い。傷ついた全国のローカル線。ここで全国の不通区間を再確認するとともに、復旧の進み具合と、この先どうなるのか見込みを含め前後編の2回にわたって見ていきたい。

【はじめに】災害の規模が大きすぎて報道が追いつかない現状

筆者は週末ごとに各地のローカル線をのんびりと乗り歩くことを楽しみにしている。そこで出てきた企画が本サイトの「おもしろローカル線の旅」だ。これまで50以上の路線を乗り歩き、そこで見つけた多くの発見を紹介してきた。

この企画で紹介してきた複数のローカル線が、この秋の台風や大雨で傷ついた。痛ましく、心が切り裂かれる思いだ。不通となってしまった、路線の復活に少しでもお役に立てることができたならば、と本原稿をまとめた。

この秋の自然災害はあまりに規模が大きく、東日本の広範囲に被害が及んだ。人的被害が大きく、報道もそちらの方に注目せざるを得なかったように感じた。さまざまな施設、道路の被害も甚大だったが、鉄道路線への影響も大きかった。北陸新幹線の車両水没に注目が集まったが、ほか各地方の暮らしに欠かせないローカル線も多くが傷つき、多くの不通区間が生まれた。

不通となった区間では、橋りょうへの被害、盛土、路盤の流出、法面(のりめん)の崩落など、被害状況が明らかになるにつれ、深刻さが目立った。

不通区間の情報は、地方紙やそれぞれの地方局のテレビ報道などで個々に取り上げられたものの、全国に向けての報道では少ないように感じた。その理由として、あまりに不通区間の数が多かったことと、また災害自体の被害が深刻だったがゆえに、鉄道の状況は後回しにされているようにも感じた。

ここでは、この秋の災害により不通となった区間に加えて、過去の災害で不通になり、いまも復旧していない線区も含めて、全国の不通区間の現状と、今後について見ていきたい。

まずはこの秋の被害が大きかった東北地方、関東・甲信越の鉄道路線から見ていきたい。

1/7ページ

最終更新:11/11(月) 6:00
GetNavi web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事