ここから本文です

東大推薦入試 5度目は147校173人が出願 「改善を検討」高校にアンケート

11/11(月) 18:57配信

高校生新聞オンライン

東京大学は11月11日、2020年度推薦入試の出願状況を公表した。147校の173人から出願書類が届いたが、推薦入試をはじめてから5年連続で募集人数(100人程度)の2倍を下回った。

東大の推薦入試は、学部ごとに募集人数の目安を設定して先行している。高校1校から男女各1人ずつまで推薦できる。

今回の出願者173人は、16年度入試・17年度入試と並んで、最も少ない。内訳は、男子98人(56.6%)、女子75人(43.4%)。地域別では東京39人(22.5%)、東京以外の関東35人(20.2%)、その他の地域99人(57.2%)。一般入試に比べ、女子や関東以外からの出願の比率が高い。

今回初めて出願があったのは38校。これまでの5回の実施で1回でも出願があったのは、440校になったという。

今後、各学部で出願資格の審査や書類による第一次選考を行い、通過者に12月に面接や集団討論などの選考を学部ごとに実施。1月の大学入試センター試験の成績もふまえ、2月に合格者を発表する。

東大の推薦入試はこれまで4回の実施では一度も合格者が募集人数に達していない。「5年たった時点で見直す必要がある」(福田裕穂・入試担当理事)という考えから、現在、推薦入試の改善のためのワーキンググループを設け、高校にアンケートを送ったほか、推薦入試で入学した学生や、教員の声を聞いている。「これをふまえて、推薦入試をどうするか議論する」という。

高校生新聞社

最終更新:11/11(月) 18:57
高校生新聞オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事