ここから本文です

ありがたい気持ちはある。でも、義理のお母さんへ「それだけは…」と思ってしまうこと

11/11(月) 22:40配信

kufura

悩みがつきない義母と嫁との関係。いろいろしょうがないなと思いつつも、嫁が義母に対して「それだけは…」と思っていることも、少なからずあるのが実情です。そこで『kufura』では、20~50代の既婚女性411人に「義母のそれだけは勘弁してほしいと思っているところ」について聞いてみました。

やっぱりいつまでもかわいい息子?

「夫のことを過大評価しすぎているところ」(29歳/主婦)

「いまだに子離れができていないところ」(28歳/その他)

「夫のことをとにかく甘やかしすぎる」(46歳/主婦)

「夫をいちいちべた褒めする」(25歳/主婦)

「むやみに夫ばかりをかばうところ」(36歳/その他)

「夫の転職について、口出ししてくる」(29歳/金融関係)

妻にとって夫はいい歳をした大人でも、義母にとってはいつまでたってもかわいい子ども。ついつい心配で、いろいろなことに口出ししたり、甘やかしたりしてしまうようです。妻としては、若干引いてしまう部分もあるかもしれませんが、先輩からの意見として受け取れない部分については、目をつむってスルー……が得策かもしれません。

孫のことにもつい熱が入っちゃう…子どもに関すること

「子どもの成績のことをいちいち言うのは勘弁」(41歳/総務・人事・事務)

「うちの息子を甘やかしすぎるのが困る」(25歳/営業・販売)

「子どもに食べさせたことがないものを、勝手に食べさせないでほしい」(27歳/主婦)

「勝手に子どもにジュースを与えるところ」(38歳/その他)

孫かわいさから、子育てについてもいろいろと意見がある場合も。

ただ、子どもの食べ物などについては、今と昔とでは子育ての常識もいろいろと変わってきていて、義母が知らない情報も多いと思うので、最近の育児雑誌などを見せながら、自分のやり方に合わせてもらうようにお願いするのがいいでしょう。

家族と言えども突然のアポなし訪問はNG!

「休日の朝早くにアポなしで突然やってくるのは困ります」(43歳/総務・人事・事務)

「前日に突然、『明日行くから』という連絡を入れて、こちらの都合も考えずに本当に来てしまうところ」(31歳/主婦)

「家に来たときに、呼び鈴も鳴らさずに突然入ってくるとさすがに驚く。せめて呼び鈴は鳴らしてほしいです」(37歳/主婦)

親しき中にも礼儀あり。突然のアポなし訪問や、呼び鈴を鳴らさずに家に入ってくるというのは、いくら家族であっても勘弁してほしいものですよね。これについては、「来る前に連絡をくださいね」「家に入る前には呼び鈴を鳴らしてください」などの最低限のルールを、夫を通じて義母に伝えるのがいちばんです。

1/3ページ

最終更新:11/11(月) 22:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事