ここから本文です

11月9日・10日は東京都準決勝・決勝が開催!国士舘が連覇し、神宮大会出場がすべて決定!

11/11(月) 7:44配信

高校野球ドットコム

 11月9日、10日は秋季東京都大会の準決勝・決勝が開催された。まず9日の準決勝の創価vs帝京の一戦は創価が2点を先制。帝京は創価の森畑 侑大を攻略できずに苦しんだが、6回裏に2本の本塁打で同点に追いつき、9回裏に尾瀬 雄大のサヨナラ打で帝京が8年ぶりの決勝進出を決めた。

高校の部 トーナメント表

 そして国士舘は都立城東に前半苦しんだものの、終盤に突き放し、5対0の完封勝利。注目が集まった決勝戦では国士舘が帝京に6対0の完封勝利で2年連続の都大会優勝が決まった。

 これで明治神宮大会高校の部の全出場校が決まった。

 明治神宮大会は15日から開幕。いきなり星稜vs明徳義塾の一戦が行われ、楽しみな開幕日となりそうだ。

■出場校一覧
北海道:白樺学園
東北: 仙台育英
東京: 国士舘
関東: 健大高崎
北信越:星稜
東海: 中京大中京
近畿: 天理
中国: 倉敷商
四国: 明徳義塾
九州: 明豊

予定通り進めば20日に高校の部も、大学の部も決勝戦が行われる。

最終更新:11/11(月) 7:44
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事