ここから本文です

フェデラー撃破で白星発進、ティーム「全て調和して勝てた」<ATP最終戦>

11/11(月) 13:40配信

tennis365.net

Nitto ATPファイナルズ

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は10日、グループ・ビヨン・ボルグの予選ラウンドロビン第1戦が行われ、第5シードのD・ティーム(オーストリア)が第3シードのR・フェデラー(スイス)を7-5, 7-5のストレートで破り、初戦を白星で飾った。

【ATP最終戦の組み合わせ表】

この日、ティームは強烈なストロークを武器に6度の優勝を誇るフェデラーを1時間40分で振り切った。

今シーズン、ティームはフェデラーにBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)決勝とムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッド クレー、ATP1000)準々決勝でも勝利しており、対戦成績は5勝2敗とリードを広げた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはティームのコメントが掲載されており「全てが調和して勝てた。インドアの試合において最も大切なサービスとリターンがよくて、今日はとてもいいプレーができた。最終ゲームも大切だった。彼(フェデラー)がブレークしてタイブレークになることは考えたくなかった」と振り返った。

「この勝利はとてもいいもので、彼と対戦するのは毎回光栄だ。勝つことができればさらにいい。特に彼の得意なインドアで倒せたのは素晴らしいこと」

予選ラウンドロビン第2戦では、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

ティームは「おそらくジョコビッチは今ベストな状態。彼(ジョコビッチ)はパリで最高のプレーができていなかったけど、それでも簡単にタイトルを獲得してそれを証明している。彼と戦うのは最大の挑戦になるだろう」と気を引き締めている。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・アンドレ・アガシ】
(1)R・ナダル(スペイン)
(4)D・メドヴェデフ(ロシア)
(6)S・チチパス(ギリシャ)
(7)A・ズベレフ(ドイツ)

【グループ・ビヨン・ボルグ】
(2)N・ジョコビッチ 1勝0敗
(3)R・フェデラー 0勝1敗
(5)D・ティーム 1勝0敗
(8)M・ベレッティーニ(イタリア) 0勝1敗

最終更新:11/11(月) 13:40
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事