ここから本文です

データが証明!レアル・マドリー、ベイル&ハメスはもはや不要

11/11(月) 11:55配信

SPORT.es

レアル・マドリーにとってガレス・ベイルとハメス・ロドリゲスは、もはや重要な存在ではなくなっている。
これはデータにも表れており、彼らがいない方がチームがより機能している。

レアルがポグバ獲得にハメスを含めたオペレーションを準備

2人がいる時といない時の守備で示されており、彼らが不在の時のマドリーは、より強固なディフェンスができている。

ベイル抜きのマドリーは、6試合で1失点しかしておらず、16ゴールをあげている。ハメス不在時は、4試合で無失点で、14ゴールをあげている。このようなピッチ上の数字以外にも、監督ジネディーヌ・ジダンは彼らの状況を説明するのに労力を使っている。

両選手とも怪我の情報を明かすことを拒否するというスペインフットボール界で前例のない状況により、ジダンは苦労を強いられている。

ベイルとハメスは、クラブに対して好き勝手に振舞っていることで、ジダンが全ての責任を負う羽目になっている。

SPORT

最終更新:11/11(月) 11:55
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事