ここから本文です

D'ERLANGER・kyo&Tetsuが好きな“ライブ中の景色”とは?

11/11(月) 19:10配信

TOKYO FM+

ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。11月4日(月・振休)の放送では、4人組バンド・D'ERLANGERからkyoさん(Vo)、Tetsuさん(Dr)が登場。12月28日(土)にMUCCとD'ERLANGERとの対バンライブ『MUCC Presents Trigger In The Box supported by MAVERICK DC GROUP』が予定されているということで、2人が感じるライブ中の好きな景色についてお聞きしました。
(TOKYO FM「JACK IN THE RADIO」2019年11月4日(月・振休)放送より)

【写真を見る】パーソナリティの逹瑯

逹瑯:ライブでの好きな景色あったりしますか?

kyo:わりとD'ERLANGERの特徴的なシーンだと思うんだけど、キメのときに、こう……Tetsuのほうっていうかドラムのほうに向き合ってバシッてキメをするんだけど、あの一体感があるとすごい気持ちいいんだよね。

逹瑯:うん。

Tetsu:わかる。

kyo:だからなんか、それがすごくこう……らしさというか、D'ERLANGERらしさというか。そういう部分があって、そこの一体感がお客さんにも伝わると、もっと大きな一体感になってるっていうところがあるから、すごくそれが印象的な景色かな。

逹瑯:でもすごいですね、それって会場が大きかろうが小さかろうが、見えてる好きな景色がバンドのなかだけで完結してるのって、変わらない景色じゃないですか。

kyo:そうね。

逹瑯:それすごいですね。

kyo:そうね。でも、なんだろうこう……面白いんだよ。同じ曲でもなんかいつも違うし、その空気だったりとか、色だったりとか。それがなんかこう……あぁ、らしいなって思うし、テンション上がるよね。

逹瑯:すごい。これはすごく素敵な回答だなと思います。Tetsuさんは?

Tetsu:まぁその延長線上にある、笑顔ですかね。

逹瑯:やっぱこう、みんな笑ってますか? Tetsuさんは今日ずっとニヤニヤしてますけど。

kyo:はっはっは(笑)。

Tetsu:(笑)。いやいや。でもほらMUCCのライブも、必ず行ったら袖で見せてもらったりするじゃん。

逹瑯:はい、はい。

Tetsu:そういうときやっぱ特に最後のほうの、やりきった感っていうかね。あれはいいよね。

逹瑯:やっぱ自然と出てくる笑顔っていいですよね。あれなんか最後のほうにしか出て来ない感じなんなんですかね?

kyo:そう、そう。

Tetsu:それがないバンドはもうちょっとね、解散近いのかな?

逹瑯:あっ……それも含めて、この日のライブ(「MUCC Presents Trigger In The Box supported by MAVERICK DC GROUP」)は見てもらいたいと思いますけれども(笑)。

kyo:はっはっはっは(爆笑)。

最終更新:11/11(月) 19:10
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事