ここから本文です

メッシは2位!2019年得点王は誰の手に?

11/11(月) 19:53配信

SPORT.es

レオ・メッシがカンプ・ノウでセルタ・デ・ビーゴから3つのゴールを奪い、2019年も残り2ヶ月弱となり、現時点で2019年得点王の「トップ3」に名を連ねている。

サッリが途中交代に激怒のC・ロナウドを擁護 「それも試合の一部だ」

セルタ戦でのハットトリックにより、メッシの2019年の合計ゴール数は39となっている。
1位はバイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキの41ゴールである。

メッシは41試合で39ゴールを記録しており、これらの内、昨シーズンに30ゴールをマークし、今シーズンは9ゴールを挙げている。

この点において、メッシ唯一のライバルはレヴァンドフスキである。先週末のボルシア・ドルトムント戦でも2ゴールを決めたポーランド代表FWは、今季の公式戦18試合で23ゴールを記録し、2019年に出場した40試合で41ゴールを達成している。

2019年得点王争いは、3位にセルヒオ・アグエロ(34ゴール)、4位キリアン・エムバペ(31)、5位カリム・ベンゼマ(30)ゴとなっている。なお、クリスティアーノ・ロナウドは22ゴールに留まっている。

最終更新:11/11(月) 19:53
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事