ここから本文です

まだまだ増える豪華キャスト「アフリカのサラリーマン」第6話から鈴木達央&河西健吾が出演

11/11(月) 17:20配信

AbemaTIMES

 11月10日より順次放送中のアニメ「アフリカのサラリーマン」第6話からの追加キャストとして鈴木達央(ラーテル役)と河西健吾(ミツオシエ役)が登場した。

 ガム氏による同名コミックを原作とした同アニメは、日本的な社会を生きるアフリカの動物が繰り広げる“社畜コメディ”だ。アフリカの大手企業に務めるライオン、オオハシ、トカゲたちのリアルで世知辛いサラリーマン生活をコミカルに描いている。

 第6話「アフリカの陰湿な同僚」には、小さな不幸を振りまいて喜ぶミツオシエと、部下に暴言を吐く上司・ラーテルが初登場した。猟奇的な上下関係を演じた鈴木達央と河西健吾の2人に、Twitter上では「ヤカラーテル鈴木達央、陰湿クソトリ河西健吾」「たっつんのキャラやばいwww」「あの鳥河西さんだったのwww」「笑いが止まりませんでした!」など、ぶっ飛び演技を楽しむ視聴者が続出していた。

 また、河西健吾は放送後に「キョーーキョッキョッキョ、アフサラを見るのですよー!」と、ミツオシエになりきってツイート。自身が演じたキャラクターを気に入っている様子だった。
(C)Project AFRICAN OFFICE WORKER 2019

最終更新:11/11(月) 17:20
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事