ここから本文です

アーセナルの新監督候補にL・エンリケが急浮上…幹部サンレヒが旧知の指揮官に接触

11/11(月) 15:20配信

GOAL

アーセナルの新監督候補に、実績あるスペイン人指導者が浮上している。

9日に行われたプレミアリーグ第12節レスターvsアーセナルは、ホームのレスターが2-0で勝利を収めた。アーセナルはこの黒星で暫定6位に転落。同じ節、他のチームの結果次第ではさらに順位を落とす可能性も。

今季はグラニト・ジャカがファンと衝突し、同選手がキャプテンをはく奪されるなど、ピッチ内外で複数の問題が生じているアーセナル。ここにきてイギリス『デイリー・メール』はウナイ・エメリの解任が近付いており、その後任としてルイス・エンリケが急浮上していると伝えた。

記事では「ガナーズのエメリはプレッシャーに晒されており、悲惨な形でリーグ戦3敗目を喫した。トップ4からはすでに8ポイントも離されている。アーセナルのラウール・サンレヒはL・エンリケと連絡を取り、すでに接触しているようだ」と報じている。

アーセナルのチーム幹部サンレヒは、元バルセロナのディレクターであり、L・エンリケとは旧知の仲。同指揮官は2018年7月よりスペイン代表を率いていたが、2019年3月に“個人的な事情”を理由にスペイン代表から離脱。6月には正式に指揮官のポストから退いていた。そして8月29日、L・エンリケは愛娘のシャナちゃんが骨肉腫により、9歳で他界したことを明らかにしている。

失意のL・エンリケは今後、ロンドンで再スタートすることになるのだろうか。アーセナルが近日中に大きな決断を下す可能性は十分にありそうだ。

最終更新:11/11(月) 15:20
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事