ここから本文です

千葉の江尻監督が今季限りで退任…シーズン途中に就任もJ2下位に低迷

11/11(月) 17:23配信

GOAL

 ジェフユナイテッド千葉は11日、江尻篤彦監督が今季限りで退任することを発表した。

 現在52歳の江尻監督は現役時代、千葉の前身である古河電気のサッカー部に所属。Jリーグ発足後も99年の引退まで千葉一筋でプレーした。引退後は指導者としてジェフの育成部門のコーチやトップチームコーチを歴任。07~08年には北京五輪のU-23日本代表コーチも務めた。17年から千葉のコーチとなり、今季にフアン・エスナイデル監督の解任により、指揮官に就任した。

 就任当初こそ3試合無敗を達成したものの、夏場には6試合未勝利の4連敗を経験。一時は残留争いに巻き込まれたが、40試合を消化して10勝13分17敗の16位に位置。来季J2残留を決めていた。

 退任する江尻監督は今後、クラブ内で別の役職に就くことも決まっている。なお、後任については決定次第発表される。

最終更新:11/11(月) 17:24
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事