ここから本文です

斎藤慎太郎七段 対 古森悠太四段 持ち時間では両者互角で折り返し/将棋・叡王戦本戦

11/11(月) 19:09配信

AbemaTIMES

 将棋の叡王戦本戦トーナメント1回戦が11月11日に行われ、斎藤慎太郎七段(26)と古森悠太四段(24)が、現在対局中だ。戦型は先手の古森四段が三間飛車を採用。斎藤七段が居飛車の対抗形で進んでいる。

【中継映像】斎藤慎太郎七段 対 古森悠太四段

 斎藤七段は2012年4月に四段昇段。2018年度に王座でタイトル経験がある。2015年度、2016年度には勝率一位賞も獲得した。竜王戦2組、順位戦B級1組。古森四段は2017年10月に四段昇段。竜王戦6組、順位戦C級2組。

 叡王戦は、全棋士、女流棋士1人、アマチュア1人によるタイトル戦で、段位別予選、本戦トーナメントを勝ち抜いた2人が、挑戦者決定三番勝負を行う。挑戦者は、永瀬拓矢叡王(27)と七番勝負を行う。予選は四段、五段、六段、七段、八段、九段と、段位別で行われ、各段位によって本戦出場枠が異なる。

 持ち時間は各3時間。

【夕食の注文】

斎藤慎太郎七段 珍豚美人 古森悠太四段 とりなんばそば

【夕食時点での残り持ち時間】

斎藤慎太郎七段 1時間29分(消費1時間31分) 古森悠太四段 1時間30分(消費1時間30分)

最終更新:11/11(月) 19:09
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事