ここから本文です

今週後半は冬将軍が到来 札幌や青森でも積雪のおそれ

11/11(月) 14:46配信

ウェザーニュース

 14日(木)は低気圧が発達しながら北海道の北を通過し、ここから伸びる前線が日本列島を通過するため、全国的に天気が崩れます。この低気圧や前線が通過したあと、日本列島に強い寒気が流れ込む予想となっています。

北日本の平野部でも積雪か

 大雪を降らせる目安の850hPa(上空1,500m付近)で-12℃以下の寒気が札幌周辺まで覆われるため、15日(金)にかけては、北海道では大雪となる所があります。青森や秋田では平野部でも雪が積もって、初雪が積雪となる可能性があり、東北南部や北陸の山間部でも雪が積もる所もあります。

 また、低気圧が急発達するため、日本海側では風も非常に強まるおそれがあり、暴風雪に警戒が必要です。雷や突風、あられなどにも注意してください。

 西日本から東日本でも、山で雪を降らせる目安の850hPa(上空1,500m付近)で0℃の寒気が南下する予想で、標高の高い所では雪が降る可能性があります。

 まだ、北日本で冬タイヤへの交換をしていない方は早めに交換するようにしてください。

ウェザーニュース

最終更新:11/11(月) 14:46
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事