ここから本文です

堤真一、討ち入り姿で“忠臣蔵の聖地”へ!大石内蔵助に「申し訳ありません」と恐縮しきり

11/11(月) 14:46配信

Movie Walker

山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』を映画化した『決算!忠臣蔵』(11月22日公開)の公開直前イベントが11月11日に東京・高輪の泉岳寺で開催され、堤真一と岡村隆史が討ち入り装束に身を包んで登場。大石内蔵助役を演じた堤が「(演じたのは)いままでの大石内蔵助のイメージとはまったく違う内蔵助だったので、この格好をして内蔵助さんのお墓の前に立った時、心のなかでつぶやいた言葉は『申し訳ありませんでした』という感じ」とニッコリ。「縮こまる思い」と恐縮し、会場の笑い誘った。

【写真を見る】堤真一と岡村隆史、討ち入り姿の全身写真

大石内蔵助が残した決算書をもとに、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描く本作。岡村が貧乏なそろばん侍の矢頭長助役として時代劇に初挑戦した。この日のイベントは、討ち入りを果たした赤穂四十七義士の墓所として知られる泉岳寺で開催。堤と岡村、中村義洋監督が、浅野内匠頭の墓前で大ヒットを祈願した。

討ち入り衣装を着て「身の引きしまる思いです」という岡村は、「久しぶりに映画に出させていただいて、緊張と楽しい現場などたくさんの経験をさせていただきました」とコメント。衣装は劇中で実際に使用したものだそうで、堤は「冬の京都で撮影した日々を思い出す」と振り返りつつ、「この手甲も歴代の役者さんたちがつけていたもの。萬屋錦之介さんもつけられたこともあるそうです」と裏話を明かしていた。

また岡村は以前、泉岳寺の近くに住んでいたこともあるという。「覚えているのは空き巣に入られたこと」と口火を切り、「空き巣に入られたけれど、なにも盗られなかった。高倉健さんからいただいたお手紙が置いてあったので、空き巣の方もその手紙を読んで『ただ事ではない』と思って、なにも盗らずに帰ったのではないか。伝説の泉岳寺です」と忠臣蔵とはまた違った個人的な伝説を告白。中村監督が「健さんも大石内蔵助役をやっていますからね」と語ると、岡村は「そのパワーです!」と声を弾ませていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

最終更新:11/13(水) 16:03
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事