ここから本文です

【阿部真央 ライヴレポート】『阿部真央弾き語りらいぶ2019』2019年11月8日 at TSUTAYA O-EAST

11/11(月) 19:02配信

OKMusic

 阿部真央の根幹/礎のみでステージに立つ『弾き語りらいぶ2019』。けれども鋭角的というよりは、“ゆるりと自由に楽しんでください”と始まりの言葉通り、リラックスムードの中、とてもハッピーなムードが広がっていた。こんな構成のツアーは最初で最後なのではないかと思わされた選曲も含め、刺激的で楽しさ満載のライヴ――11月8日の TSUTAYA O-EASTでの模様をお届けする。

阿部真央 TSUTAYA O-EAST公演のその他の写真

 たまらなく愛おしいひと時だった。喜びと切なさの波が交錯し、融合し、まだ名前を持たない、けれども確かに幸福な情景に満ちあふれていた。愛器を奏でながら豊かな表現で弾き語り、時にはチューニングをしながらオーディエンスと軽妙なやり取りを。本人曰く“原点回帰”とのことだが、肩に力が入ったものではなく、今につながる原点を解放して、より見晴らしいのいい場所で鳴り響かせているようなステージだった。

 10周年イヤーの一環にあるライヴとあって、初期の楽曲にフォーカスを当てたスペシャルな構成だったが、あくまでも“進化の現在進行形”におけるパフォーマンスだから、回顧に寄り掛かるようなところは一切ない。そして、伸びやかで艶に磨きが掛かった張りのある歌声にキャリアの重みを超えた余裕も感じさせる、「ロンリー」「ふりぃ」と続くオープニングの2曲から深みを増しているエバーグリーンな音楽世界を提示。そう、色褪せないだけでなく、より深く濃くなっている声と言葉と音色を――。

 1stアルバム『ふりぃ』にも収録された上京前の数少なかったオリジナル曲を全曲立て続けに披露したり、過去のツアーでは歌ったことがないという「逢いに行く」も解禁。構築が変化に富む「マージナルマン」をセレクトしていたことも進化&深化するエバーグリーンの体現と感じられた。そんな声色とアコギだけで五感の全てを楽しませれくれた、シンプルなのに多彩な時空間。なんとも素晴らしく魅力的だった。

撮影:笹森健一/取材:竹内美保

セットリスト

1. ロンリー
2. ふりぃ
3. 逢いに行く
4. デッドライン
5. マージナルマン
6. 貴方の恋人になりたいのです
7. キレイな唄
8. 人見知りの唄~共感してもらえたら嬉しいって話です~
9. MY BABY
10. コトバ
11. この愛は救われない
12. morning
13. どうしますか、あなたなら
14. モットー。
15. I wanna see you
<ENCORE>
1. 27歳の私と出がらし男
2. ストーカーの唄~3丁目、貴方の家~
3. 母の唄

OKMusic編集部

最終更新:11/11(月) 19:16
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事