ここから本文です

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第31節】名古屋のレフティが新体制初白星に導く2G1A

11/11(月) 14:00配信

超WORLDサッカー!

明治安田生命J1リーグ第31節の9試合が10月29日、今月9日、10日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆寸評(所属/今シーズンの選出回数)
GK林彰洋(FC東京/4回目)
随所に守護神としての輝き。10年ぶりのヤマハ白星、首位返り咲きに大きく貢献。

DF山村和也(川崎フロンターレ/初選出)
苦しい流れを終わらせる貴重な先制弾。首位だった古巣撃破に貢献。

DFチアゴ・マルチンス(横浜F・マリノス/5回目)
幾度のボール奪取&広範囲へのカバーで存在感。攻撃意識も○。

DF平岡康裕(ベガルタ仙台/3回目)
古巣の弱点を見破り恩返し弾。守備も気迫溢れていた。

MF岩田智輝(大分トリニータ/4回目)
1ゴール1アシストの活躍で逆転劇呼び込む。良い形で生き残りをかけたU-22日本代表へ。

MF米本拓司(名古屋グランパス/2回目)
守備で圧倒的な存在感。アンドレス・イニエスタに仕事をさせなかっただけでなく、周囲にも気を配った。

MF車屋紳太郎(川崎フロンターレ/2回目)
51分にチームを救うゴールカバー。代表復帰の左SBが攻守で首位討伐の力に。

MF前田直輝(名古屋グランパス/2回目)
63分間の出場で2G1Aで文句なしの選出。長いトンネルから抜け出す導き手に。

MF和泉竜司(名古屋グランパス/3回目)
豊富な運動量で攻守に上下動。追加点も奪う大活躍でフィッカデンティ体制初白星に導いた。

FW仲川輝人(横浜F・マリノス/7回目)
先発復帰初戦からキレキレのパフォーマンス。敵陣中央を切り裂いての得点は圧巻のひと言。

FWエリキ(横浜F・マリノス/2回目)
労を惜しまずの姿勢が電光石火弾に繋がるなど2ゴールの活躍。攻撃陣爆発の口火に。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/11(月) 14:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事