ここから本文です

主将剥奪のジャカがここから巻き返しへ「準備ができている」

11/11(月) 19:40配信

超WORLDサッカー!

アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカが、巻き返しを誓った。イギリス『メトロ』が伝えている。

10月27日に行われたプレミアリーグ第10節のクリスタル・パレス戦で、途中交代する際にサポーターを挑発したジャカ。この行為が問題視され、今シーズンから託されたキャプテンを剥奪されると共に、それ以降、欠場が続いている。

この状況もあり、ジャカは「プレーする気分ではない」とエメリ監督に告げた模様。それ対して同監督も、アーセナルで再びプレーする可能性について「わからない」と答えていた。

現在、ジャカは今冬で放出される可能性も取り沙汰されている。しかし、スイス代表MFは、アーセナル残留を希望し、試合に出場する準備が整ったと挽回に意気込んだ。スイス『Blick』で明かしている。

「僕は戦い続けることを確信している。そして、トレーニングですべてを出し尽くすよ。対処は先週に受けたし、今では準備ができている」

「振り返ってみれば、長期間とてもポジティブだったね。困難なスタートだったが、僕はたくさんプレーした。全体を見れば、アーセナルで素晴らしい時間を過ごしてきた」

「僕も家族もロンドンにいてとても気分が良い。先週の出来事があっても、全く変わっていないね。これからもポジティブな姿勢を保って、最大限の努力をして、素晴らしいチームの一員であることを証明するよ」

超WORLDサッカー!

最終更新:11/11(月) 19:40
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事