ここから本文です

アバルト695セッタンタ・アニヴェルサーリオを撮影 70周年記念限定車、日本発売

11/11(月) 13:51配信

AUTOCAR JAPAN

創立70周年記念

text&photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

カルロ・アバルトにより1949年に設立されたアバルトは、今年で70周年を迎えた。それを記念して10月5~6日に、イタリアのミラノでアバルト創立70周年を祝うイベントが盛大に開催。その場で発表された記念限定車がアバルト695セッタンタ・アニヴェルサーリオだ。

【写真】アバルト695セッタンタ・アニヴェルサーリオ (20枚)

そして、11月9日に富士スピードウェイで開催された「アバルト・デイズ2019」において、早くもアバルト695セッタンタ・アニヴェルサーリオが日本で初お披露目された。

アバルト695セッタンタ・アニヴェルサーリオは、アバルトの中で特別なモデルにだけに与えられる「695」というポジショニングが与えられた。アバルトの70年に及ぶ情熱の歴史を体現したモデルに仕立て上げられている。

最高出力は他の695モデルと同様の180psだが、高効率なエグゾースト・システムであるレコードモンツァが備わる。

このパワーを確実に路面へ伝えるためにフリクエンシィ・セレクティブ・ダンピング機能を備えるコニ製ダンパーを採用。マニュアル・ギアボックス車には機械式LSDを備えドライビングの楽しさも追及されている。

外装色 専用のグリーン

ボディカラーは「ヴェルデ・モンツァ1958」と名付けられた専用色の渋いグリーン(イタリア語でヴェルデ)のみが用意される。

これはアバルトが1958年にフィアット・ヌォーヴァ500をチューニングしたフィアット500エラボラツィオーネ・アバルト・レコルドをモンツァ・サーキットに持ち込み、速度記録を樹立したときの由緒あるボディカラーをモチーフに選ばれたもの。

ボディサイドの前後フェンダーとサイドスカート部分は、最強のツーリングカーとしてサーキットを席巻したフィアット・アバルト1000TCRをリスペクトしたもので、アバルトを象徴する「グリッジョ・カンポヴォーロ」に塗られ、渋さの中に凄みを放つ。

またフロント・フードにはサソリ、ボディサイド下には伝統のストライプが配され存在感を高めている。

1/2ページ

最終更新:11/11(月) 13:51
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事