ここから本文です

【プレミア12】侍ジャパン、先発の山口は4回2失点 2イニング連続で失点、リード奪われて降板

11/11(月) 20:06配信

Full-Count

3回には元オリックス育成選手のジョージの二塁打から先制点を献上

■日本 – オーストラリア(プレミア12・11日・ZOZOマリン)

 野球日本代表「侍ジャパン」は11日、ZOZOマリンスタジアムで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド初戦オーストラリア戦に臨んだ。初戦の先発マウンドを託された山口俊投手は3回に先制点を奪われると、4回にも失点し、4回4安打2失点でマウンドを降りた。

【動画】侍ジャパンの脅威となるか!? 高橋礼とはまた一味違うアンダースロー…独特のフォームが魅力の“韓国サブマリン”が魅せた奪三振

 初回は左足に打球を直撃するアクシデントがありながらも3者凡退。2回は3者連続三振を奪い、上々の立ち上がりを見せていた山口が先制点を奪われた。だが、3回、先頭の元オリックス育成選手のジョージに左中間を破られる二塁打を浴びた。内野ゴロの間に走者が三塁へと進み、2死三塁で1番のケンリーに中前適時打を許した。

 さらに1点ビハインドで迎えた4回、2死から5番のホワイトフィールドを右前安打で出塁させると、続くニルソンは右翼線への二塁打。ホワイトフィールドが一気に本塁まで生還して適時二塁打となり、2点目を奪われた。

 山口はこの回で降板。4回に鈴木が侍ジャパン史上初となる3戦連続の本塁打となるソロを放って1点を返したが、山口は1点のリードを許した状況でマウンドを降りた。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:11/11(月) 20:06
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事