ここから本文です

12年ぶり新型車両 小田急 来春から、より快適に

11/12(火) 5:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 小田急電鉄(東京都)は11日、来春に運行開始予定の新型車両「5000形」をお披露目した。小田急ロマンスカーを除くと約12年ぶりに誕生する新型車両で、「より広く、より快適に」をテーマに車内の居心地を追求したデザインに仕上げた。

 客室部分は開放感に重点を置いた。車両間の仕切り扉や荷物棚をはじめ、座席横の仕切り部分にも透明な強化ガラスを採用し、空間の広がりを感じられる構造とした。さらに、頭上の照明を天井に埋め込むなど工夫を凝らした。

 シンプルな外観の中で、先頭部は流線形にしてスピード感を演出。車体横の帯には2色のブルーを配した。10両6編成を導入し、先行して3月に1編成の運行を開始するという。

神奈川新聞社

最終更新:11/12(火) 5:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事