ここから本文です

イオンモールがテナントのECサイトから自動収集したモール内商品を店舗横断で一括検索できるシステムの実証実験

11/12(火) 10:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

イオンモールは11月11日、日立製作所と共同で、複数の店舗が集まるショッピングモール向けに、入居店舗の取扱商品を自動収集し、店舗横断で商品を一括検索できるシステムの実証実験を開始すると発表した。

一括検索システムは、各店舗会社が運営するECサイトから、商品の画像・概要・価格などの各種情報を自動収集してショッピングモールの商品データベース(DB)を構築。モール内に設置された端末からDBに蓄積された商品を検索できるサービスを提供する。

これにより、実店舗がショッピングモール専用の商品DBを構築・管理することなく、顧客はモール内の端末でキーワードを入力するだけで、ショッピングモール内での商品の一括検索を行うことが可能になる。

本システムには、日立が開発した高速類似画像検索技術「EnraEnra(エンラエンラ)」を搭載。検索した商品や、顧客のスマホに保存された画像に似た商品(形や色など)を検索して一覧表示することができ、類似商品の比較検討が行える。

さらに、購入したい商品の販売店舗の場所の表示、お薦め商品やタイムセール情報も確認できる。

これらにより、顧客の買い物の利便性向上、およびショッピングモール内店舗での購買機会向上への貢献をめざすとしている。

イオンモールと日立は2019年11月1日から12月末ごろは、靴・鞄を対象とした本システムの実証実験をイオンモール幕張新都心で実施。2019年11月20日から12月末ごろまで、アパレル商品を対象とした実証実験をイオンレイクタウン(埼玉・越谷市)で行う。

イオンモールでは、顧客の利用状況などに鑑み、今後、本システムの本格導入と他ショッピングモールへの展開をめざしていく予定。

最終更新:11/12(火) 10:01
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事