ここから本文です

留守番中の子どもに母親のふりをした化け物が迫る…… ホラーな漫画が涙を禁じ得ない展開に

11/12(火) 19:30配信

ねとらぼ

 留守番中の男の子のもとにやってきた恐ろしい化け物。襲いかかったと思ったら……意外な展開を見えせる創作漫画「お留守番」がホロリと来ます。作者は誰でもない(ダレ)さん。

【画像】漫画を全部読む

 買い物から帰ってきて買い忘れに気付いたお母さん、知らない人が来ても鍵を開けてはいけないと男の子に言い残して、慌てて出掛けます。男の子が一人で絵本を読みながら待っていると、「カギ忘れちゃったー開けてー」とお母さんの声。男の子が鍵を開けると、そこには恐ろしい姿の化け物が立っていました。

 大きな口を開けて男の子に迫る化け物。しかし、男の子は怖がる様子もなく、「おかえりー」「今日のごはん何?」と普通に話し掛けてくるので、化け物は戸惑います。男の子が読んでいた絵本は点字の本。それを見た化け物は、男の子には自分の姿が見えておらず、本当に母親だと思っているのだと気付きます。背後から男の子をギュッと抱きしめる化け物。そして、買い物に行ってくるとその場から立ち去るのでした。

 留守番中の子どもをだまそうと、母親の声をまねてなりすました化け物ですが……本当の母親だと思われたことで、悪さができなくなってしまったのでしょうか。もしかしたら、悪い化け物ではなかったのかもしれません。あるいは生前はお母さんで、子どもへの思いを残して亡くなったのかも……と想像することもできて切なくなります。読み返すたびに発見があったり、また違う解釈もできたりと、何度も読み返したい漫画です。

 読者からは「怖い展開かと思ったのに…泣いた」「きっとこの幽霊も生前は母親だったんだわ」「人を抱きしめたの久しぶりだったのかなと思ったら、おばけも一緒に抱きしめてあげたくなりました」など涙にむせぶコメントが寄せられています。

 誰でもない(ダレ)さんは「ジャンプルーキー!」にホラーテイストの4ページ漫画を多数投稿しています。

画像提供:誰でもない(ダレ)さん

ねとらぼ

最終更新:11/12(火) 19:50
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事