ここから本文です

レッドブル・ホンダ、2020年もアルボンとフェルスタッペンのコンビ継続

11/12(火) 19:21配信

motorsport.com 日本版

 レッドブル・ホンダは、2020年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして、アレクサンダー・アルボンを起用することを発表した。

【ランキング】2019年F1ドライバーズランキング

 アルボンは今季後半戦初戦のベルギーGPから、ピエール・ガスリーと入れ替わる形でレッドブル入り。日本GPの4位を最高位に、これまで全戦で入賞を果たしてきた。レッドブル加入後だけを見れば、フェルスタッペンよりも多くのポイントを稼いでいる。

「アレックスはベルギーからチームに加入して以来、非常に優れたパフォーマンスを発揮している」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「7回のトップ6フィニッシュを果たすという彼の成績は、彼自身のことを物語っていると言えるだろう。その高いレベルの安定性を否定するのは難しい。そして彼は粘り強く、熱心なレーサーである。アレックスは、レッドブルのドライバーを続けていくに値することを証明した。秘めたる可能性はまだたくさんあり、2020年にマックスのチームメイトとしてアレックスが発揮することを目にするのを楽しみにしている」

 アルボンも今回の発表に際し、次のようにコメントを寄せた。

「来季もマックスと組めることになり、本当に興奮している。そしてこのチャンスを与えられたことについて、とても幸運に思っている」

「このチームに参加して以来、レッドブルが僕を信頼し、僕の結果を信じてくれたことに、非常に感謝している。そして来年も僕を引き続き起用してくれることは、とても大きなことだ」

「今年は僕にとって、信じられないような1年だ。シーズン中盤にレッドブルに呼ばれたのは、既に大きな1歩だった。パフォーマンスを改善し、2020年に先頭を争えるようにするために、今シーズン学んだこと、経験したことを生かしていくつもりだ」

 なお、ほぼ同時にトロロッソ・ホンダもリリースを発表。来季もピエール・ガスリーとダニール・クビアトのコンビを継続することを明らかにした。

最終更新:11/12(火) 19:24
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事