ここから本文です

潮風受け自転車疾走 ツール・ド・いわき

11/12(火) 10:10配信

福島民報

 サイクリングで東日本大震災からの復興を応援する「ツール・ド・いわき2019」は10日、いわき市小名浜のアクアマリンパークをスタート・フィニッシュに開かれた。ロング、ミドル、ショートの3コースに県内外から計約1100人が参加し、潮風を受けながら自転車を走らせ、いわきの魅力を感じ取った。

 市サイクリング協会や福島民報社などでつくる実行委員会の主催。県や市、市教委などの後援。タイムを競わない大会で、参加者は塩屋埼灯台を望む海沿いなどを走った。

 コース途中の休憩所では住民やボランティアが地元名産品を振る舞った。仙台市から参加した佐藤逸美さん(31)は「地元の人の温かいおもてなしや、いわきの景色を堪能できて、とても楽しい一日だった。来年も参加したい」と笑顔で話した。

最終更新:11/12(火) 10:10
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事