ここから本文です

マーベル「Disney+」で初登場のヒーロー、MCU映画にも合流へ!

11/12(火) 15:02配信

シネマトゥデイ

 マーベル・スタジオが米ディズニーの動画配信サービス「Disney+」向けに製作する「シー・ハルク」「ミズ・マーベル」「ムーンナイト」のドラマシリーズについて、同スタジオ社長ケヴィン・ファイギが、上記の新ヒーローがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画にも合流すると、The Hollywood Reporter のポッドキャスト番組 Awards Chatter 内で明かした。

MCUフェーズ4の幕開けを飾る『ブラック・ウィドウ』【画像】

 番組内でファイギは、MCUの今後について言及。「マーベル・シネマティック・ユニバースは今後、劇場と『Disney+』で展開していきます。『Disney+』のドラマシリーズでは、ヒーローのワクワクするような変化が見られると思います。彼らは映画とドラマを行き来することになるんです」とコメントしており、シー・ハルクらドラマシリーズで初登場するヒーローに関しては「シー・ハルクや、ミズ・マーベル、ムーンナイトといった顔ぶれは、『Disney+』の番組で初登場した後、映画にも合流する予定です」と明言している。

 「シー・ハルク」は、重傷を負った弁護士ジェニファー・ウォルターズが、いとこのブルース・バナーから輸血を受けたことでハルクと同様の能力を得た女性ヒーロー。The Hollywood Reporter は、ドラマ「シリコンバレー」などの脚本を手がけたジェシカ・ガオがドラマシリーズのメイン脚本家に就任したと報じている。

 また「ミズ・マーベル」は、超人類・インヒューマンに能力を与える煙によって特殊能力を手に入れた少女カマラ・カーンの物語。「ムーンナイト」は月の神コンシューから特殊な力を授かった元傭兵を主人公とするドラマシリーズとなっており、いずれも配信時期は未定となっている。(編集部・倉本拓弥)

最終更新:11/12(火) 15:02
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事