ここから本文です

10年の時を経て…『Crysis』と『Crysis Warhead』にCo-opモードが実現、ユーザーMod正式版が近日公開予定

11/12(火) 17:00配信

Game Spark

2007年にCrytekが開発、EAから発売された『Crysis』とその翌年に発売されたスピンオフ作『Crysis Wathhead』。両作のシングルプレーヤーをCo-opでプレイすることがが可能なMod「Crysis Co-op」の最新開発報告が公開されました。

大きな写真で詳しく見る


2014年に『Crysis』向けマルチプレイヤーサービスが終了したGameSpyに代わって、Steam版をベースに開発が進む本Modは、ModDB上にて活動しているCryopというデベロッパーチームが開発。このModが最初に公開されたのは2016年ですが、開発自体は2009年から行われており、実に10年の時を経て、今回正式にリリースという形になります。利用には『Crysis Warhead』Steam版の所有が必要になるとのことです。

このModによって『Crysis』と『Crysis Warhead』のすべてのシングルプレイキャンペーンがCo-op可能になる他、Co-op独自の機能であるリバイブの追加や、2人プレイに向けてのゲームバランスの調整が行われています。カスタムマップも最小限の変更でプレイが可能になるようです。


記事執筆時点での「Crysis Co-op」正式版の公開予定日は2019年12月となっていますが、リリース日時は変わる可能性があるとしています。

Game*Spark yakan-boy

最終更新:11/12(火) 17:00
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事