ここから本文です

豊川悦司のハリウッド出演作が全米首位デビュー!:全米ボックスオフィス考

11/12(火) 15:53配信

シネマトゥデイ

 先週末11月8日~11月10日の全米ボックスオフィスランキングが発表され、『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督がメガホンを取り、豊川悦司が出演するハリウッド映画『ミッドウェイ(原題) / Midway』が興行収入1,789万7,419ドル(約20億円)で初登場1位に輝いた。業界の予想を上回る興収を上げ、同じく初登場のユアン・マクレガー主演作『ドクター・スリープ』をも上回るサプライズとなった。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

【動画】大量の血が…2位デビューの『ドクター・スリープ』予告編

 『ミッドウェイ(原題)』は、真珠湾攻撃からミッドウェー海戦までを描いた戦争映画。エド・スクライン、パトリック・ウィルソン、ウディ・ハレルソン、ルーク・エヴァンス、デニス・クエイド、アーロン・エッカートら実力派が揃う中、豊川は日本の海軍大将・山本五十六役を務めた。日本からは豊川のほか、浅野忠信が山口多聞役で、國村隼が南雲忠一役で出演している。

 ホラー作家スティーヴン・キングの名作「シャイニング」の続編小説を映画化した『ドクター・スリープ』は興収1,411万4,124ドル(約16億円)と苦戦気味で2位デビュー。映画版『シャイニング』ではジャック・ニコルソンが演じたジャックがオーバールック・ホテルで狂気に落ちてから40年後、大人になった息子のダニー(ユアン)が遭遇する新たな恐怖を描いた。

 3位はジョン・シナ主演のファミリーコメディー『プレイング・ウィズ・ファイア(原題) / Playing with Fire』で興収1,272万3,781ドル(約14億円)、4位はワム!の名曲を題材にしたロマコメ『ラスト・クリスマス』で興収1,144万1,055ドル(約13億円)だった。1位~4位までを初登場作品が占める結果となった。

 今週末は、マット・デイモン&クリスチャン・ベイル共演の伝記ドラマ『フォードvsフェラーリ』やリブート版『チャーリーズ・エンジェル』などが公開される。(編集部・市川遥)

1/2ページ

最終更新:11/13(水) 14:12
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事