ここから本文です

号泣する人続出!映画『すみっコぐらし』なぜ話題?

11/12(火) 16:32配信

シネマトゥデイ

 『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』を観た人が、SNS上で「号泣した」「まさかの泣いた」「逆詐欺映画」と感想を続々と投稿して話題となっている。

【動画】イノッチがナレーション!映画『すみっコぐらし』本予告映像

 「すみっコぐらし」は、「たれぱんだ」「リラックマ」などのキャラクターを生み出してきたサンエックスによる人気キャラクター。初の劇場版アニメ作品となる本作は、すみっこにいると落ち着く、ちょっぴりネガティブで個性的な“すみっコ”たちが絵本の世界に迷い込んでしまうさまを描く。

 8日に公開された本作は、大ヒット公開中の『ジョーカー』を抑え、公開初週に全国映画動員ランキングの3位にランクイン。さらに、公開から3日間で観客動員数11万4,280人、興行収入1億3,287万3,500円を記録するなどスマッシュヒットを飛ばしている(数字は配給調べ)。

 すみっコたちが仲間を思いやる姿に「号泣した」とSNS上にコメントが続出。口コミが広がり、「すみっコぐらし」がTwitterのトレンド入りした。さらに、11日に発表されたぴあ映画初日満足度ランキングで92.1点と高評価で1位を獲得。居場所がない、自信がないとさまざまな思いを抱える、可愛いだけじゃないすみっコたちの物語に、年代問わず多くの人が心わしづかみにされたようだ。

 本作の監督を務めるのは「伝染るんです。」「ぷちます!」などのまんきゅう。ナレーションを井ノ原快彦、本上まなみ、主題歌を原田知世が担当している。(編集部・梅山富美子)

最終更新:11/12(火) 16:32
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事