ここから本文です

GENERATIONSサプライズ登場!片寄涼太へ必死に質問

11/12(火) 20:45配信

シネマトゥデイ

 GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)の片寄涼太が12日、都内で行われた映画『午前0時、キスしに来てよ』リアル・シンデレライベント&完成披露舞台あいさつに出席。この日は、主題歌を担当したGENERATIONSのメンバーもサプライズで登壇し、片寄に「キスしに行くよ」というセリフを言わせようと手を尽くしていた。

【写真】片寄涼太、シンデレラ橋本環奈をエスコート!

 本作は、みきもと凜の人気コミックを映画『四月は君の嘘』の新城毅彦監督が実写映画化。真面目な女子高生・花澤日奈々(橋本環奈)と国民的人気スターの綾瀬楓(片寄)が出会い、惹かれ合う姿が描かれる。イベントには橋本、眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、酒井若菜、遠藤憲一、新城監督も出席した。

 約400人が詰めかけたシンデレライベントでは、ドレスに身を包んだ橋本の手をとりエスコートした片寄。興奮冷めやらぬなか行われた完成披露試写会では「先ほどは素敵なイベントを開催できて、すごく興奮しました」と感想を述べる。さらに片寄が、劇中さながらのキラキラした笑顔で客席を魅了すると、遠藤は「片寄くんとは初対面だったのですが、あまりにキラキラしているので、海をバックに写真を撮ったんです。すごくすましたいい顔をしてくれた」とスターぶりを絶賛する。

 しかし一方で、秘密の恋をテーマにした作品にちなんで「共演者の秘密」を問われた遠藤は「そんなキラキラしたイケメンだと思っていたのですが、作品が終わったあとのインスタライブで久々に会ったら、めっちゃ関西弁でバコバコに突っ込んでくるんですよ」と意外な一面も披露していた。

 イベント後半には、GENERATIONSの小森隼、数原龍友、佐野玲於、白濱亜嵐、中務裕太、関口メンディーがサプライズで登壇。橋本や新城監督は知っていたというが、片寄には知らされていなかったようで、あっけにとられた表情を見せる。壇上でトークを回し始めるメンバーに片寄は「あなたたちはいつまでいるの?」と突っ込みを入れていたが、この日メンバーは「あるミッションを背負って」やってきたという。

 そのミッションとは、映画宣伝のCM動画用として片寄に「キスしに行くよ」と言わせることだそうで、メンバーたちはその言葉を片寄から引き出すために必死に質問するものの、片寄は不審な表情。それでも「もしメンディーとキスしなかったら、グループ解散と言ったらどうする?」と質問された片寄は、やや不思議そうな顔を浮かべつつも「そりゃキスするよ、キスしに行くよ」とグループ愛を語ると、場内からは大歓声があがっていた。(磯部正和)

映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月6日より全国公開

最終更新:11/12(火) 20:54
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事