ここから本文です

ブラック・ウィドウの単独映画、2020年5月1日に日米同時公開決定

11/12(火) 12:01配信

映画ナタリー

マーベル・スタジオの映画「Black Widow」が、「ブラック・ウィドウ」の邦題で2020年5月1日に日米同時公開されることがわかった。

【写真】ケヴィン・ファイギ(メディアギャラリー他1件)

タイトルから察せられる通り、本作は世界最高のエージェントにして暗殺者である“ブラック・ウィドウ”ことナターシャ・ロマノフの物語。万能な戦闘スキルとタフな精神力を兼ね備える彼女の、謎に包まれた過去と秘密が明かされる。ブラック・ウィドウ / ナターシャ役のスカーレット・ヨハンソンのほか、レイチェル・ワイズ、デヴィッド・ハーバー、フローレンス・ピューが出演。「さよなら、アドルフ」「ベルリン・シンドローム」のケイト・ショートランドが監督を務める。

本作では「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」直後の時代を背景に、ブラック・ウィドウの因縁の地であるハンガリー・ブダペストが舞台に。マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギらは、ナターシャの妹分である新キャラクター、エレーナが登場することも明らかにしている。

なお11月22日から24日にかけて千葉・幕張メッセで開催される「東京コミックコンベンション 2019」にて、本作の限定ポスターが6000枚配布されることが明らかに。これは8月に米ロサンゼルスで開催された「D23 Expo 2019」で配布されたもので、ブラック・ウィドウ、謎のヴィラン“タスクマスター”、ハーバー演じるレッド・ガーディアンや新キャラクターの姿が描かれている。



(c)2019 MARVEL

最終更新:11/25(月) 13:31
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事