ここから本文です

東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅は2020年6月6日に開業---銀座線虎ノ門駅と接続、56年ぶり新駅

11/12(火) 19:00配信

レスポンス

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)と東京地下鉄(東京メトロ)は11月11日、日比谷線霞ケ関~神谷町間に設置する新駅「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)の開業日を2020年6月6日に決定したと発表した。

[関連写真]

日比谷線が全通した1964年以来、およそ56年ぶりの新駅となるこの駅は、UR都市機構が事業主体となり、東京メトロが設計・工事受託者となり施工。国道1号と環状第2号線の交差点付近に位置しており、構内は相対式ホームによる2面2線となる。

中目黒方面行きのホームは地下歩行者通路とつながり、再開発事業で整備される「虎ノ門ヒルズステーションタワー」(仮称)やバスターミナルと接続。銀座線虎ノ門駅との乗換えも可能となる。

今回は、東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせた暫定的な開業となり、最終的な完成は2022年度を予定している。その際は、再開発で整備される隣接の駅広場間を、地下2階を通して行き来できるようになり、地上と地下をスムーズに往来できる「まちと一体となった新たな駅」となる。

なお、虎ノ門ヒルズ駅は、駅ナンバリングが「H06」となるため、開業の際は霞ケ関~北千住間のナンバリングがH07~H22に変更される。また、開業日にはダイヤ改正が実施される。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》

最終更新:11/12(火) 19:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事