ここから本文です

ソウル市 自治体初の対北朝鮮支援事業者に=韓国

11/12(火) 15:18配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市が地方自治体としては初めて対北朝鮮支援事業者に指定された。

 対北朝鮮支援事業者指定制度は透明な支援事業のために2001年から運営されているが、自治体は対象外だった。先月、自治体も事業者として活動できるよう統一部の「人道的対北支援事業および協力事業処理に関する規定」が改定されたのに伴い、ソウル市は事業者指定申請を提出。同部が11日に承認した。

 同部関係者は「ソウル市が北側との安定的な関係維持、人道的支援物資分配の透明性確保の側面から条件を満たしたと判断し、自治体で初めて対北支援事業者に指定された」と説明した。

最終更新:11/12(火) 16:50
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事