ここから本文です

GENERATIONS 片寄涼太の主演作イベントで投げキス連発、やりたい放題

11/12(火) 20:22配信

デイリースポーツ

 ダンス&ボーカルユニット・GENERATIONSが12日、都内で、主題歌「One in a Million-奇跡の夜に-」を担当した映画「午前0時、キスしに来てよ」(12月6日公開)の舞台あいさつに、サプライズ乱入した。

 「秘密の恋」がテーマの作品とあって、主演を務めたボーカル・片寄涼太(25)へのシークレット演出。“主役”を差し置いて、小森隼(24)は主題歌をアカペラで熱唱し、数原龍友(26)は客席へ何度も投げキスを決めるなど、やりたい放題で暴れ回った。

 見せ場を奪われた片寄は、「いつまでいんの、あなたたち?!空気読めてないよ」とおかんむり。ダブル主演の橋本環奈(20)ら共演陣と客席に、「お騒がせして申し訳ございません」と謝罪していた。

最終更新:11/12(火) 20:37
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事