ここから本文です

さんま IMALUから「飯島直子さんと結婚したら」と言われた過去

11/12(火) 21:21配信

デイリースポーツ

 明石家さんまが12日、日本テレビ系で放送された「踊る!さんま御殿!!」に出演。同番組初出演となった女優・飯島直子をめぐるエピソードを明かした。

 さんまは女優・大竹しのぶと1988年に結婚し、89年、タレントのIMALUが誕生したが、92年に離婚。独身貴族を貫いている。一方、飯島は2001年にTUBEの前田亘輝と離婚。12年に不動産会社を経営する男性と再婚したが、10月末に週刊誌で夫の“路チュー不倫”が報じられたばかり。

 “癒やし系女優”としてモテモテの飯島。さんまもメロメロだった1人だったという。番組では、離婚後、IMALUが小学生だった時、大竹の横で「飯島直子さんと結婚したら?」といきなり口にしたエピソードを披露した。

 さんまが「何でなん?」と驚くと、IMALUは「かっこいいじゃん、義理の母が飯島直子だよ」と言ったという。さんまは「だから、(飯島に)お願いしたことある。『結婚して下さい』って」と話すと、飯島は笑いながら手を顔の前でふり、いやいや…と否定するポーズ。さんまは「違う人と結婚してもーてなー。今、2回目の結婚やな?」と残念そうに聞くと、飯島は「そうだよ」と苦笑。さんまは飯島の夫の不倫報道を念頭に「3回目の結婚あるか分かれへんもんな、こればっかりは」とノリノリだった。

最終更新:11/12(火) 21:26
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事