ここから本文です

酒井若菜、橋本環奈は「おっさん」で「男前!」 本人も否定せず

11/12(火) 19:57配信

オリコン

 女優の橋本環奈、酒井若菜が12日映画『午前0時、キスしに来てよ』(12月6日公開)の完成披露舞台あいさつに登場。劇中で親子を演じているが共演した酒井は「環奈ちゃんは、おっさんっていう感じで…」と男気ある行動をする女優だと説明すると、橋本は「そうですね~、受け入れるしかないなという感じ」と照れながらも自身が行う“おっさん”行動を認めていた。

【動画】橋本環奈、片寄涼太から”無自覚食いしん坊”暴露!?撮影中の寝落ち疑惑も

 橋本と言えば、2013年にファンがネットに上げた1枚の写真から「1000年に1人の逸材」「天使すぎる美少女」と瞬く間に人気を全国に拡大。その後、多数のCMやバラエティー番組、映画に出演し、今に至るまで大活躍中で“シンデレラストーリー”のような歩み方をしている。

 そのことも触れながら酒井は「テレビとかで拝見していた時は本当に『美少女』で、声はハスキーでそのギャップがあるかわいらしい子というイメージがあり、実際に会ったらかわいらしい」と橋本の美貌や人気を絶賛。

 しかし、撮影を行っていくうちに「まー、肝が据わっている方だなと思って、ずっと撮影を引っ張っていてもらっていた。主演の女優さんとかは、(自身は)気をつかってしまうことが多いのですが、環奈ちゃんは先輩の男性の役者さんのように『環奈ちゃん~』と言いながら撮影をさせてもらえて楽しかった。頼りになる感じ」と男性俳優のような男気があったと明かした。

 酒井の発言に対して橋本は否定することもなくうなづいていると、司会者から「今のところ『おっさん』というのは受け入れていますが…」と質問されると「そうですね~、受け入れるしかないなという感じ」と照れ。

 最後に酒井は橋本の人柄をまとめ「気さくで、頼りがいがあって、男気があって…、しかもかわいいという、何でも持っている子だなと思いました! 男前!」と説明した。

 同作は、国民的人気スターと普通の女子高生の秘密の恋を描いた同名恋愛漫画が原作で、『別冊フレンド』(講談社)にて連載中。橋本演じる日奈々は、超・まじめ人間として知られるが、実はおとぎ話のような王子さまとの恋愛に憧れる夢見がちな女子高生。ある日、映画の撮影で日奈々が通う高校に国民的スター・綾瀬楓が来て、エキストラとして参加した日奈々は、彼の飾らない素顔と優しさに引かれていく。一方の楓も、裏表のない日奈々の実直さに次第に引かれていくが、芸能人と一般人の隠れた恋に、思いもよらぬ障害が押し寄せていくというシンデレララブストーリー。

 この日は、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太、眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、遠藤憲一、新城毅彦監督のほかGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーもサプライズで登場した。

最終更新:11/19(火) 17:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事