ここから本文です

アルシャヴィンの息子がバルサアカデミーで輝く

11/12(火) 13:33配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 ゼニトやアーセナルでプレーした元ロシア代表アンドレイ・アルシャヴィン。その息子アルセニーは現在モスクワのバルサアカデミーに所属しており、先週のリーグ戦では週間最優秀選手に選ばれている。

【写真】アルシャヴィンのバルサ移籍が噂された当時の紙面

 かつてアルシャヴィンにはバルサ入りの可能性があった。2008年夏、ゼニトはFCバルセロナからのオファーを断り、同選手をアーセナルへ売却している。

「バルサはゼニトに1500万ユーロを提案してけど断ったんだ。でも、アーセナルでプレーできたのも悪くなかったよ」昨年引退するとき、アルシャヴィンは当時のことをそのように語っていた。アルシャヴィンは「私はバルサの大ファンなんだ」と付け加えている。

 “アーセナル(Arsenal)“と“アーセン・ヴェゲル(Arsene Wenger)“へのリスペクトから“アルセニー(Arseny)“と名付けられた息子は、父親が実現させられなかったバルサでのプレーに向かって一歩を踏み出している。

写真:Javier Gascon

最終更新:11/12(火) 13:33
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事