ここから本文です

銀座線が年末年始に区間運休。渋谷駅は新年3日から新駅舎に!

2019/11/12(火) 12:30配信

Park blog

東京メトロは、2020年1月3日(金)に供用を開始する銀座線渋谷駅の新駅舎のデザインを発表した。同社は、駅舎移設に伴う線路切替工事・ホーム移設工事を実施。12月28日(土)~2020年1月2日(木)に一部区間を運休する予定。工事の概要と運休時間、迂回経路、新ホームへの乗り換え経路を紹介しよう。

【写真を見る】新駅舎の完成で銀座線はどう変わる?

銀座線渋谷駅の工事概要

 東京メトロは、銀座線渋谷駅の駅舎移設に伴う線路切替工事・ホーム移設工事を実施。工事に伴い12月28日(土)~2020年1月2日(木)の6日間、一部区間で運休と折り返し運転を実施する。

 銀座線の渋谷駅は、現在の位置から表参道方向へ約130m移動した明治通りの上空に新設される。線路切替工事では、現在の線路の両外側に新しい線路を移設。新しい線路に挟まれる空いたスペースに、新しいホームを築造する予定だ。

 新駅舎では、ホームが2つの線路に挟まれる形となり、これまであった乗車用と降車用ホームの区別がなくなる。ホーム幅はこれまでの約6mから約12mへと大きくなり、ホーム上の混雑緩和が期待される。

銀座線渋谷駅の移設に伴う運休時間

 銀座線渋谷駅の移設工事中の運休区間や運転間隔は以下の通り。

【銀座線・終日運休区間】
 ・渋谷駅~表参道間
 ・青山一丁目~溜池山王駅
 
【銀座線・折り返し運転区間】
 ・表参道~青山一丁目
 ・溜池山王~浅草駅

 折り返し運転区間の運転間隔は、普段のダイヤと異なるので利用の際は注意が必要だ。

 また、当該区間の主要駅の始発・終電の時刻も普段とは異なる。時刻は上表の通り。

銀座線一部運休中の迂回路

 なお、工事期間中は下記の路線で終日、振り替え輸送を実施する。

【振替輸送区間】
 ・東京メトロ:全線
 ・都営地下鉄:全線
 ・JR:山手線全線、中央線・東京駅~新宿駅、総武線快速および横須賀線・馬喰町駅~品川駅、南武線・武蔵溝口駅~川崎駅
 ・東急電鉄:横須賀線・渋谷駅~日吉駅、田園都市線・渋谷駅~溝の口駅、目黒線・目黒駅~日吉駅、池上線・五反田駅~旗の台駅、大井町線・中延駅~溝の口駅
 ・東武鉄道:東京スカイツリーライン・浅草駅~北千住駅
 ・京成電鉄:京成本線および金町線・上野駅~金町駅、押上線・押上駅~青砥駅
 ・小田急電鉄:小田急線・新宿駅~下北沢駅
 ・京王電鉄:京王線・井の頭線、新宿駅・渋谷駅~西永福駅
 ・つくばエクスプレス:つくばエクスプレス・秋葉原駅~六町駅

 また、半蔵門線では、銀座線始発電車の利用客のため、半蔵門発押上行き始発列車を渋谷発押上行きに変更して運転。銀座線の終発電車の利用客のため、表参道発渋谷行きの列車を臨時で運転する。始発・終発電車の時刻は上表の通り。

1/2ページ

最終更新:2019/11/13(水) 9:19
Park blog

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事