ここから本文です

小さく丸められる、30インチの4K有機ELフレキシブルディスプレイをNHKとシャープが共同開発! InterBEE会場で展示される

11/12(火) 17:48配信

Stereo Sound ONLINE

 NHKでは、家庭でも大画面で簡便に4K8Kのスーパーハイビジョン放送を楽しんでもらうために、フレキシブルディスプレイの研究を進めている。そして今回、シャープと共同で、対角30インチの4Kフレキシブル有機ELディスプレイを開発したと発表した。

 従来の有機ELテレビでは、ガラス基板上に有機EL材料を形成したパネルが使われている。この基板を、薄くて柔らかいプラスチックフィルムにすることで、大画面でも軽量になり、さらに小さく丸められるようになるわけだ。

 両社は今回、世界で初めて、30インチのプラスチックのフィルム上にRGBの有機EL材料を高精度に形成する技術を開発、軽くて丸めることができる4Kフレキシブル有機ELディスプレイを試作できたそうだ。

 ディスプレイの重さは約100g、厚みは約0.5mmで、直径約4cmの大きさに丸めて収納もできる。また、画面の明るさの均一性の向上や、動きのある被写体を鮮明に表示するなどの高画質化技術も開発したという。

 今回開発されたディスプレイは、11月13日(水)~15日(金)に幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」のNHK/JEITAブースで展示される予定とのことなので、興味のある方は足を運んでいただきたい。


<フレキシブル4K有機ELディスプレイのスペック>
●画面サイズ:対角30インチ
●アスペクト比:16対9
●解像度:水平3840×垂直2160画素
●フレームレート:毎秒60フレーム
●有機ELの形成方式:RGB塗り分け

最終更新:11/12(火) 17:48
Stereo Sound ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事