ここから本文です

【ハイライト動画あり】前回大会決勝の再戦は韓国がアメリカに勝利。WBSCプレミア12

11/12(火) 12:24配信

J SPORTS

WBSCプレミア12は11日から日本でのスーパーラウンドが開幕し、東京ドームでのナイトゲームで韓国とアメリカが対戦。

【ハイライト動画】韓国vs.アメリカ

前回大会決勝のリターンマッチとなった一戦は、アメリカ打線に13安打を許しながらも1失点に抑えた韓国が5-1でアメリカを下し、2連覇へ向け幸先良いスタートを切った。

◆試合結果

米国|0 0 0 0 0 1 0 0 0|1
韓国|3 0 0 0 0 0 2 0 X|5

韓国は初回に先発のヤン・ヒョンジョンが一死満塁のピンチを招くも、5番・遊撃のジェイコブ・クローネンワースと続く右翼ブレント・ルッカーを2者連続三振に打ち取り、無失点で急場を切り抜ける。

すると韓国はその裏の攻撃でアメリカ先発のコディ・ポンセを捕え、二死1・3塁のチャンスで指名打者キム・ジェファンが右翼スタンド中段へ運ぶ3ラン本塁打を放ち、3点を先制する。

一方、3点を追うアメリカは2回と4回に得点圏まで走者を進めるも、あと一打が出ずスコアボードに「0」を並べるイニングが続く。また、韓国もチャンスを活かし切れない展開が続き、試合は3-0のまま中盤へ。

アメリカは5回にも、二死からロバート・ダルベックが単打で出塁すると、4番・指名打者のアンドリュー・ボーンの単打で1・3塁とチャンスを広げるも、クローネンワースが三振に倒れ、ここも無得点に終わる。

しかし、続く6回、アメリカは先頭打者のルッカーが左中間スタンド中段に飛び込む今大会2号のソロ本塁打を放って1点を返す。

対する韓国は7回、二死1塁から遊撃キム・ハソンの適時2塁打で1点を追加すると、中堅イ・ジョンフにも適時2塁打が出て、5-1とアメリカを突き放す。

韓国はその後、イ・ヨンチャン、チョ・サンウと継投して4点のリードを守り切り、スーパーラウンドの初戦を勝利で飾った。

最終更新:11/12(火) 12:24
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事