ここから本文です

健康診断の結果をAIが分析し将来の健康リスクを算出 岡山市が生活習慣を改善する特定保健指導に取り組み

11/12(火) 14:12配信

KSB瀬戸内海放送

 人工知能、AIで食生活を見直します。岡山市がAIを活用して生活習慣を改善する、特定保健指導に取り組むことになりました。

(岡山市/大森雅夫 市長)
「健康診断の結果が次に疾病にどのようにつながっていくのか、要因を制御する力になっていくのではないかな」

 岡山市の大森市長が12日の定例会見で明らかにしました。市民の健康診断の結果をAIが分析し、メタボリックシンドロームなど将来の健康リスクを算出します。
 AIの分析結果を受け、一人一人に合った食事や運動などの生活習慣改善メニューをスマートフォンのアプリを通じて提供します。

 岡山市では腹囲やBMIが基準値を超え、特定保健指導の対象になった895人に案内状を送っていて、40人が申し込んでいます。参加者は15日から保健師と面接を行って3カ月間の目標を設定し、生活習慣の改善に取り組みます。

最終更新:11/12(火) 19:18
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事