ここから本文です

祝・神田カレーグランプリ2019優勝! 秋葉原の人気店がついに王座を獲得

11/12(火) 6:34配信

食べログマガジン

テレビやWEBメディアで大人気の“カレーおじさん \(^o^)/”に今イチオシのカレーを教えてもらうこの企画。今回は、11月2~3日に開催された「神田カレーグランプリ2019」のグランプリ受賞店である「秋葉原カリガリ」を紹介します。

「秋葉原カリガリ」

日本最大級のカレーイベントである「神田カレーグランプリ」。今年も「神田カレーグランプリ2019」が開催され、決定戦が11月2~3日に小川広場で行われました。毎年数万人が来場するビッグイベントですが、今年は例年以上の人出があったように思います。

来場者も若いカップルが増え、出場店舗のカレーのバリエーションも過去最高といえるくらいに様々で、こういう所でもカレーとカレーに関わる人達の変化と進化、そして多様性を感じました。そんな2019年のグランプリを受賞したのは、「秋葉原カリガリ」でした。

カリガリは元々渋谷にあったお店ですが、秋葉原にもお店を構えたことを機に神田カレーグランプリに参加するようになり、今年で5回目の出場。毎年惜しいところまで行きながらギリギリで入賞ならず。いわば無冠の帝王的存在だったのですが、今年は「カリガリカレー」と「夢眠書店カレー」のあいがけというメニューで見事グランプリを受賞!

これには物語があるのです。夢眠書店というのは人気アイドルグループ「でんぱ組.inc」の元メンバーである夢眠ねむさんが手掛けるお店。こちらのお店は小さなお子さんがいるお母さんやその家族のためのお店というコンセプトがあり、女性のお腹を温めるためのカレーを看板メニューとして出したいということで、夢眠さんご本人が大好きなお店であるカリガリに弟子入り。カリガリと共同で作り出したのが「夢眠書店カレー」なのです。

りんごとシナモンが味の中心となった個性的カレーであり、7月に行われた全国のカレーの名店が集まるイベントで初出しした際には全国の名店に引けを取らないおいしさだとマニアからも高評価を得ました。元アイドルが作ったカレーということで色眼鏡で見られがちですが、食べた僕自身からしてもお世辞抜きにおいしいと思えるカレーです。

1/2ページ

最終更新:11/12(火) 6:34
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事