ここから本文です

足をたたんでうつ伏せで…窃盗容疑者宅の冷凍庫から遺体 警察の捜索中に見つかる 男「母親です」

11/12(火) 17:54配信

東海テレビ

ニュースOne

 窃盗容疑で逮捕された男の自宅を捜索したところ、冷凍庫から遺体を発見。男は「母親です」と話しています。 

愛知県瀬戸市東山町で12日午前9時15分ごろ、窃盗容疑で逮捕された無職・小嶋孝一容疑者(58)の自宅を警察が捜索していたところ、冷凍庫から一部白骨化した性別不明の遺体が見つかりました。

 警察官が冷凍庫を開けると、遺体は足をたたみ、うつ伏せの状態で見つかり、服を着ておらずバスタオルが全身に掛けられていたということです。

 警察によりますと、小嶋容疑者は2年前、瀬戸市内の食料品店で万引きした疑いで12日逮捕され、見つかった遺体について「母親です」と話しています。

 この住宅で、男は以前両親と暮らしていましたが、両親は死亡し、母親については2013年1月に死亡届が出されていますが、火葬されたかは確認されていないということです。

近所の女性:
「(小嶋容疑者の母親は)亡くなられてるんです。それから一人暮らしになられた。(小嶋容疑者は)誰が見てもちょっと変わった子。とにかく仕事してないのは分かる」

 警察は、遺体を司法解剖して死因や身元を調べるとともに、死体遺棄事件として捜査しています。

東海テレビ放送

最終更新:11/12(火) 19:15
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事