ここから本文です

Hagexさん刺殺事件で初公判、臨床心理士「ネットで承認欲求満たしてもステップアップない」

11/12(火) 10:57配信

AbemaTIMES

 2018年6月、福岡市の起業支援施設でIT講師の男性を殺害するなどの罪に問われた男の裁判員裁判が11日に開かれ、男は起訴内容を認めた。

【映像】Hagexさん刺殺事件で初公判

 起訴状によると、福岡市東区の無職・松本英光被告(43)は、大名小学校跡地の起業支援施設に侵入。IT講師の岡本顕一郎さん(41)の心臓などをナイフで刺し、殺害した罪に問われている。福岡地裁で開かれた初公判で松本被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 松本被告は精神的な病気を抱えており、責任能力の有無と程度が争われている。検察側は「病気の影響は限定的で、完全責任能力があった」と指摘。一方の弁護側は「犯行当時、被告は心神耗弱状態であった」などと主張し、減刑を求めた。判決は今月20日に言い渡される予定となっている。

 犯行のきっかけとみられているのが、インターネット上でのやりとりだ。岡本さんはIT講師を務める一方で、「Hagex」の名でブログを執筆し、ネット上では名の知れたブロガーだった。そこに、幾度となく罵詈雑言の書き込みをしていたとされるのが、松本被告。松本被告がよく使っていた言葉が「低能」だったため、他のユーザーから「低能先生」と呼ばれるようになっていたという。

 松本被告の書き込みを問題視した岡本さんは、ブログの運営元に通報するなどの対応をとった。アカウントを削除された松本被告はその都度新たなアカウントを作り直し、書き込みを再開していたとみられている。捜査関係者によると、松本被告は「1カ月前に岡本さんのセミナーがあることを知って行こうと考えていた」と話していることがわかっている。

 松本被告が事件直後に投稿したとみられるブログには、「俺を『低能先生』の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきたお前らへの返答だ」などと書かれている。ネット上でやりとりしてきた他のユーザーへのメッセージを残し、「これから近所の交番に自首して俺自身の責任をとってくるわ」と交番に出頭した。

1/2ページ

最終更新:11/12(火) 10:57
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事