ここから本文です

シトロエン 新型MPV「ベルランゴ」の特別仕様車が先行発売中

11/12(火) 15:30配信

MOTA

特別仕様車 ベルランゴ デビューエディションは家族の楽しむためのクルマ

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日に、今年創業100周年を迎えたシトロエンより新型MPVであるBERLINGO(ベルランゴ)の特別仕様車「Debut Edition(デビューエディション)」を発表し、同年10月19日よりオンライン予約注文申込の受付を開始中。価格は325万円(消費税込み)。配車は2020年1月以降順次を予定している。

■チャイルドシートを設置しても広々! ベルランゴ デビューエディションの内外装を見る(22枚)

シトロエン 新型MPV「ベルランゴ」とは

ベルランゴは、シトロエンが新型MPVとして発売する、家族と人々のためのレジャーアクティビティヴィークルだ。
2018年2月にジュネーヴモーターショーにて発表されて以来、強い関心が集まり、日本では2020年に正式導入が予定されているが、それに先立ち、特別仕様車「デビューエディション」が先行発売されている。

ベルランゴ デビューエディションの主な特長

■家族を楽しむためのクルマ
ベルランゴ デビューエディションは、たくましさ、力強さをくまなく表現しつつ、“どこにでも行けて、なんでも楽しめる”他に似るもののないパーソナリティをかつてないほどのあたらしさで具現化させたモデルである。
グループPSAの定評ある新世代プラットフォームEMP2を採用することで、短く高く設定されたフロントエンド、取り回しを向上させる短いフロントオーバーハングを実現した。
リアドアはスライドドアを採用し、広大な開口部とドア開閉時の省スペースを実現。リアシートは幅の等しい3座独立式で、個別に折畳みが可能となっている。

■収納力抜群なインテリア
シートのファブリックを貼り込んだインテリアは、Magic Flat(マジック・フラット)と呼ばれる機能でワンタッチでフルフラット状態にすることができる。
また、合計28もの収納スペースがあり、Modutopと呼ばれるルーフ部分の収納スペースでは、ルーフの大半をガラスとするパノラミックルーフと収納スペースを融合させた。さらに、フロントルーフ部分に収納トレイを設け、さらに中央部にはBag in Roof(バッグインルーフ)として最大14Lまでのバッグを収納することが可能だ。

■最新の安全性能を搭載
ベルランゴ デビューエディションは、先進運転支援機能(ADAS)と安全性を重視しており、最新の安全性能を搭載した。
・アクティブクルーズコントロール(ストップ機能付き)
・アクティブセーフティブレーキ
・レーンキープアシスト
・パークアシスト
・ブラインドスポットモニターシステム
・インテリジェントハイビーム
・トラフィックサインインフォメーション
・フロント、バックソナー/トップリアビジョン
・ドライバーアテンションアラート

■走りと環境性能の両立
パワートレインは、シトロエンとしては初搭載となるグループPSAの最新世代クリーンディーゼルエンジンDV5型(アイドリングストップ付き)に、アイシン・エイ・ダブリュとの共同開発による電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8を組み合わせた。
燃費性能を向上しながら、ディーゼルとは思えない軽快な吹け上がりとドライバビリティ、低回転からの高いトルク、最新の排気浄化システム(酸化触媒、SCR選択還元触媒、DPF微粒子フィルター)による極めて高い環境性能を誇っている。

ベルランゴ デビューエディションの主なスペックと価格

・全長:4403mm
・全幅:1848mm
・全高:1844mm
・ホイールベース:2785mm
・ボディ:5ドアMPV
・エンジン:1.5L 直列4気筒ターボディーゼル
・最高出力:96kW(130ps)/3750rpm
・最大トルク:300Nm/1750rpm
・トランスミッション:8速オートマチックEAT8
・ボディカラー:サーブル/アクアグリーン/ブランバンキーズ
・価格:325万円(消費税込み)

MOTA編集部

最終更新:11/12(火) 15:30
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事