ここから本文です

大熊町長に新人・吉田淳氏 復興争点!新人対決2686票差制す

11/12(火) 11:37配信

福島民友新聞

 任期満了に伴う大熊町長選は10日、投開票が行われ、前副町長の吉田淳氏(63)が、前町議会議長の鈴木光一氏(64)との無所属新人同士の争いを2686票差で制し、初当選を果たした。任期は20日から4年。
 選挙戦は東日本大震災が発生した2011(平成23)年以来8年ぶりで、今年4月に一部地域を除き避難指示が解除されてからは初めて。両氏は復興に取り組んだ現町政の継承を掲げ、町内の医療や教育の環境整備など復興政策を争点に選挙戦を繰り広げた。

最終更新:11/12(火) 11:37
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事