ここから本文です

ラキティッチ、アキレス腱の怪我でスロバキア戦を欠場

11/12(火) 8:57配信

SPORT.es

FCバルセロナのイヴァン・ラキティッチはクロアチア代表の一員としてユーロ2020予選のグループE第9節、重要な一戦となるスロバキア戦に出場できない。
今週月曜日の『Novi list』の報道によると、ラキティッチはアキレス腱に問題を抱えている。

バルサで得点感覚失ったグリーズマン 笑顔を取り戻すことができるか

「チームを助けることが出来ないのは残念だが、僕のチームメイト達は僕抜きでも成功を勝ち取ってくれると確信している。彼らは1stレグも僕なしでスロバキアに勝利している。彼らは今回もリエカでそれを成し遂げてくれると思う。僕の心は彼らと共にある」

ラキティッチは昨日のバルサでのトレーニング中に痛みを覚えた。アキレス腱の腫れは彼に少なくとも1週間の休養を強いた。

彼は今週ザグレブに向かうが、プレーするためではなく、代表としてメディカルチェックを受けるためである。

マドリディスタのルカ・モドリッチがキャプテンを務めるクロアチア代表は現在、14ポイントでグループE首位に立っている。
その下にハンガリー(12ポイント)、スロバキア(10)、ウェールズ(8)、アゼルバイジャン(1)が続いている。

SPORT

最終更新:11/12(火) 8:57
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事